アートメイクとは

2024年3月5日

Artmake

アートメイクとは

アートメイクは、専用の針と色素を使用し、皮膚の浅い層(真皮浅層)に色素を定着させる医療行為です。

直接皮膚に色を入れるため、汗や水で落ちることはなく、お風呂上がりやすっぴんの時でも、メイクをした時のようなお顔でいることができます。

定着や持続期間には個人差があり、年齢・性別・肌質・新陳代謝・生活習慣によって異なります。

多くの場合、1回の施術では代謝の関係で色が定着しにくいため、2回以上の施術を行い形や色を整えていきます。

2~3回の施術で約1年半~3年持続し、定着状況に応じて追加施術をすることで、綺麗な状態を維持することができ定期的なリタッチをお勧めいたします。

 

日本のアートメイクは法改正により医療機関で医療従事者(医師、もしくは医師の指示を受けた看護師、⻭科医師はリップに限る) のみが行うことが認められた医療行為とされています。

※医療アートメイク=平成13年11月8日厚生労働省医政医発第105号に準ずる医療行為

 

メリット

メリット

・毎日のメイクの時間を短縮できる

・素顔に自信がもてる

・温泉やサウナ、運動などで汗をかいても濡らしても落ちない

・メイクができない環境でも安心して過ごすことができる

・加齢で目が見えづらくなるにつれ、眉やアイラインを描くのが大変という方に最適

 

デメリット

デメリット

・簡単に消すことができない

・1回では完成しない

・ダウンタイムがある

・施術時に痛みを感じることがある

・加齢とともに、左右差が出てくる可能性がある

・経過とともに、色褪せや変色がある

 

施術当日の流れ

クリニックへご来院

問診票・同意書の記入

医師の診察+カウンセリング

施術部位の写真撮影

デザイン

麻酔

施術

施術後の施術部位の写真撮影

アフターケアについて説明